• 岩手県の木を無垢で活用し林業活性化へ!
Pocket

無垢木材の利用にこだわる理由、その一つは室内環境を良くしたいから。

1990年代から問われてきた室内空気の汚染問題。

気密が高まった住宅内で有害物質(発がん性など)が建材から放出される深刻問題。

平成15年に義務化された24時間換気もこの問題を軽減させるため。

しかし住宅用木材の多くはいまだに人体に影響がある化学物質を利用した集成材が使われています。

安全基準が示され「F☆☆☆☆」材料であっても「少ない」というだけで「無い」訳ではありません。

また無垢木材であっても多くが流通時の防カビ処理が必要になることから少なからず化学物質を利用しています。

エルクでは自社工場で製材乾燥することで化学物質、薬剤を一切利用しない無垢木材を準備。

室内環境の良い、赤ちゃんにもお年寄りにも安心安全な木材を利用しています。

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です