• 岩手県産の新築在来住宅&ログハウス・株式会社エルク
Pocket

せっかく春を迎えるけれど花粉症の方には大変なる時期。

花粉の飛散量は毎年増加し、年を追うごとに厳しい環境となってきています。

なぜ花粉は増えるのか?

飛散量が多くなる樹齢30年を超えた杉林が伐採されることなく放置されているから。

国内流通の多くが加工や利用がし易い30年以内の木材となり、加えて住宅用は外国木材や集成材と変化してしまいました。

伐採されない樹齢30年超の杉は飛散量のピークとなる50年まで増え続けます。

これらの杉林に手入れを加えない限りますます大変な環境となっていきます。

エルクは岩手県の樹齢30年を超える杉の大木を仕入れ、ログハウスや在来住宅に利用。

杉花粉の削減に取り組んでいます。

挑戦!!エルクの杉花粉対策プロジェクト


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です